童貞を風俗で捨てて良かったこと・悪かったこと

■はじめに

私は高校を卒業するまで女性と性的な関係を持つ機会がありませんでした。

その当時は特に危機感はありませんでしたが、大学に入学して周りの友達に彼女ができ始めたころから焦りを感じるようになりました。

いろいろと悩んだ結果、私はソープランドに行き、そこで童貞を捨てました。

そういった選択を取って、良かったことと悪かったことをお伝えします。

■良かったこと

・大人になったような気分・優越感

まだ童貞の友達がいましたので優越感を感じることができました。

・周りから遅れをとっていないという安心感

彼女がいる友達とのセックスに関する話題についていくことができるようになりました。

・自分がちゃんと「男」であるという自覚・自信を持つことができた

女性とかかわりが全くないと自分は男としての魅力がないと思えてきますが、セックスを通して自信を回復することができました。

・女性と話すことに抵抗がなくなった

それまではほとんど女性と話す機会がなかったため、女性と話すときに緊張してうまく話せませんでした。

しかし、風俗嬢と会話することで少しづつ女性に慣れていくことができました。

・セックスの知識がついたので、素人の女の子と遊んだときもエスコートできた

セックスの手順を知ることができたため、その後彼女ができても円滑にセックスができました。

・服装に気を遣うようになった

服装に気を遣うようになりました。やはり相手が女性なので、自然とそうなるのだと思います。

・軽いノリを出せるようになった

初対面の女性と話をすることになるので、自然と相手が受け入れやすい軽い態度がとれるようになります。合コンではこういったノリが喜ばれたりします。

■悪かったこと

・風俗にハマってしまった
 
最初にソープランドに行ってから、定期的に通うようになりました。良かったことに書いた、男であるという自覚・自身を再度感じたいと思ったからです。

また、いろいろな女の子とセックスしたいという欲望も出てしまいました。

・女性への扱いが若干雑になった

女性はお金で買えるという意識が芽生えてしまったのかもしれません。彼女ができても、いざとなれば他にも女はいる、と考えるようになってしまいました。

・風俗嬢からの扱いが悪いことがある

お店にもよりますが、風俗で働く女性は若干ヤンキーっぽいことがあります。相手によっては雑な態度をとってくるため、そういった場合は損をした気分になります。

■まとめ

私はソープランドで童貞を捨てて良かったと思います。

女性とかかわりを持つことで得たメリットが大きく、その後も女性と隔たりなくかかわれるようになったからです。

変に童貞を拗らせて女性と壁を作ってしまうより、風俗で早めに童貞を捨てたほうが良いと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です